検索
  • ~スリランカ風カレーと野菜とお豆の付け合わせ~

アーユルヴェーダの食生活・お料理教室

最終更新: 1月5日


もともと、お料理が大好きで更に食べることも好きな私なのですが、実は...アーユルヴェーダを知るまでは ”食”に関しては、ここまで意識を向けることはありませんでした。ただ、好きなものを好きなだけ食べて更に”満腹”になるまで食べて満足...みたいな(笑)むしろ、体にとっては負担のかかる食生活だったのかもしれませんね...。アーユルヴェーダを知り、どんなものが自分の体に必要でどんな時に何を食すると体にとって優しいのか...”優しい...”そんな事を気にすることもなかった自分が少しずつ意識するようになり、より、食の豊かさを有り難さを感じるようになりました。私たちの”当たり前”である食に対して気付かせてくれるのもヨガなんですね。ヨガの偉大さをまた、痛感しました。その、私たちにとって当たり前である食事が私たちの肉体をつくり、生きる力を与えてくれる”食”についてアーユルヴェーダを取り入れたお料理教室を開催させていただきました。今回、初めての企画でもあり、普段の料理は目分量と勘でつくる為、私の適当さでいいのかしら...と思いつつ、きっと私のドーシャは生真面目な完璧さを求める”ピッタ”と何とかなる、まぁ~いっか...という”ヴァータ”が乱れていた気がします(笑)

今回のお料理は、スパイスを使った料理。実は、スパイスはアーユルヴェーダとの関りを持っていることを、実は...スリランカの旅行で知ることができました。インドやスリランカでは、スパイスを生薬としても使用されているそうです。確かに...アーユルヴェーダ施設では不調を抱えている方は生薬としてスパイスが処方されていました。もちろん、スパイスの宝庫スリランカなので食事は多くのスパイスを使った料理が多いです。特に、カレーが多い!! もしくはカレー風味。そんな、スパイスを簡単に取り入れたチキンカレーを作りました。せっかくなので、ココナッツミルクを使用したスリランカ風カレー!!(スリランカはココナッツミルクをよく料理に使用するそうです)日本では、便利ですねぇ~。カレールーがあります!! ただ、インドやスリランカでは、スパイスを調合し、その家庭の味がありスパイスによっては数種類の味ができるそうです。今回は、スパイスのお話。本格的にスパイスから調合しカレー作り。

今では、簡単にスパイスが手に入り本格的なカレーが作れます。ただ、実際にスパイスを使うとなると慣れない調味料の一つでもあり馴染みの薄いスパイスもあります。初めて目にする物もあったかもしれません。少し臭覚をはたらかせて実際にスパイスを嗅いでいただいたりしながら匂いでも知っていただきました。”う~ん...く・さ・い...”みたいな匂いのスパイスもあったのでは...(笑)でも、カレーになると、あの臭さから良い香りに変わるのが不思議ですね。

まず、スパイスを炒めるところからでしたが、上手くスパイスを炒め香りを出し一気に調理室がスパイスの香りで広がっていました。煮込んでいる間、スリランカの写真を見ながら待つ事

数分...とろみも出てカレーの完成!! ココナッツミルクの甘さと後からくるスパイスの辛さ。

私は、少し懐かしさとスリランカを思い出す感じの味でした。スパイスを使った本格カレーを手軽にご家庭でも作れます!! もちろん、日本のカレーも美味しいです!! ちょっと日本のカレーが飽きたなぁ...今日は、ちょっと凝ったカレーを作ろう...と思ったら是非!! 作ってみて下さい

お忙しい中、イベントの為にご都合を調節してご参加下さいました皆様、本当にありがとうございました。またの機会をお待ちしております。

                       Shanti Shanti Shanti


0回の閲覧

                     Yoga Class

    Surya